スポット美白美容液でシミを集中ケア!効果的な美白スティックは?

スポット美白美容液の選び方!濃いシミをピンポイントで集中ケアできるスティックタイプの美白美容液。口コミで評判の美白コスメ化粧品をリサーチしています。できてしまったシミに効く美白スティックは?

スポット美白美容液でシミを消したい!効果的な美白スティックは?

部分的に気になるシミがあるので何とか消したい!

頬や目元、こめかみなど、シミが消えなくて
困っている方も多いのではないでしょうか?

美白化粧品のなかで、部分的なシミ対策に効果的なのが
スポット美白できるスティックタイプの化粧品です。

ピンポイントでシミ部分に直接塗ることができるので
シミが消えてきた!徐々に薄くなった!
なんて声を多く耳にしますよね。

そこで、私も使ってみたいと思い
口コミでも評判の効果的な美白スティックを調べてみました。


スポット美白できるスティックタイプの美白美容液

美白スティックの最大のポイントは、
狙ったところに直接塗り込めるという点です。

リップや口紅のような細いスティック状なので
気になる部分にピンポイントで使えるんですよね。

毎日続けやすいし美容習慣の一つにすれば
気になるシミをしっかり撃退できるはず!

口コミをリサーチして評判の良かった美白スティックを
3つをご紹介します。

花王ソフィーナ 薬用集中美白スティック

f:id:nanomins120:20161105183803j:plain
数ある美白スティックの中でも、
ソフィーナの美白スティックは特に人気があります。

花王独自の美白成分「カモミラET」が
メラニン発生源の“増殖”と“活性”をWでブロックしてくれるので
シミやソバカスを防いでくれます。

●KOSEインフィニティ
リアライジング ホワイト スティック XX

f:id:nanomins120:20161105183831j:plain
コーセーのリアライジングホワイトスティックは
美白有効成分に「コウジ酸」を配合。

コウジ酸は麹菌を培養して作られる成分で、
メラニン生成を抑え、シミを防ぐ働きがあります。

●コスメデコルテ ホワイトロジスト スティックセラム

f:id:nanomins120:20161105183855j:plain
コスメデコルテも美白成分の「コウジ酸」を配合。
メラノサイトに直接届いてシミ・ソバカスを防ぎます。

また、メラニン生成の抑制効果が高いとされる
アスタキサンチンを配合しているのも特徴です。

それぞれ美白成分や配合量が異なりますので
気になるものから試してみてはいかがでしょう。


今あるシミに効く美白スティックは?

上記3つのスティックタイプの美白美容液は
どれもメラニン生成を抑えてくれたり
シミを増やさないように防ぐ効果があります。

しかし、すでに出来てしまったシミを薄くする効果は
公式サイトを探しても表記されていません。

シミの予防や増加を防ぐことは大切ですが
今あるシミを何とかして薄くしたい!と思いませんか?

美白成分は、いろいろありますが、
出来てしまったシミや色素沈着に効くのは
「ハイドロキノン」だけといわれています。

ハイドロキノンは皮膚科でのシミ治療にも処方される成分で
シミへの効果は間違いありません。

そんなハイドロキノンを配合した美白スティックが
アンプルールのラグジュアリーホワイト コンセントレート。

上記で紹介しているような、携帯してヌリヌリするというものではなく
夜、寝る前に使用してじっくり美白するスティックタイプです。

アンプルールは皮膚科医が開発したドクターズコスメ
ラグジュアリーホワイトは
新安定型ハイドロキノンを配合した美白ラインです。

刺激性とアレルギー反応テストを徹底的に行っているので
高い美白効果が期待できる上、とても安心して使えます。

とはいっても、私の肌に合うかしら?って
不安もありますよね。

アンプルールは格安のトライアルセットがあるので
まずはそちらで試してみるのがおすすめです。

気になる方はチェックしてみては!

今あるシミも、未来のシミも。アンプルールのW美白























美白化粧品でシミが余計に目立つ!原因と改善策は?

シミを美白化粧品で薄くしようとケアしているのに、
かえって目立ってきた・・・と困っていませんか?

じつは、美白化粧品の効果がないのではなく、
美白効果が出ているからこそ
シミが目立ってしまうことがあるんです。

美白化粧品はメラニン色素などに作用して
お肌を白くしてくれるものです。

美白成分はシミのある部分だけに効くのではなく
化粧品を塗った全体を白くする効果があります。

シミのない部分も透明感が増したり白くなるので
まわりより色の濃いシミが
かえって目立ってしまうというワケです。

なので、シミが目立ってきたというのは
その美白化粧品は多少なりとも効果的ということ。

とはいっても、そのままじゃ
シミを消したいのに余計に目立ってしまいますよね。

そこで、役に立つのがスポット美白できるコスメです。

気になるシミの部分だけを、ピンポイントで
集中してケア出来るので効果的。

顔全体にたくさんのシミがある場合は難しいですが
いくつか気になるシミがあるという方は
美白化粧品にプラスして使うといいですよ。




















美白化粧品の美白成分の種類!配合されている成分で効果も違う

美白化粧品は、さまざまなメーカーやブランドから
たくさんの種類が出ていますよね。

実際に、何を基準に選んで良いのかって
迷う人も多いのではないでしょうか?

価格も安いプチプラ化粧品から
高額な商品まで、とても幅広く展開されています。

それだけ美白化粧品が必要とされている!
ってことですよね。

価格やブランドも気になりますが
一番の目的は、当然「美白効果」ではないでしょうか。

ということは、最も重視したいチェック項目が
美白成分です。

美白成分は、予想以上にたくさんの種類があり
それぞれ、効果や目的が異なりますので
美白化粧品を購入する際には要チェックです。


代表的な美白成分とその効果

●ハイドロキノン(漂白・還元)
皮膚科での治療にも扱われている美白成分です。
ハイドロキノンは、別名「肌の漂白剤」とも言われているほど、
高い美白効果が期待できます。

●ビタミンC誘導体(還元)
ビタミンCを安定化させ、皮膚に浸透しやすくしたもの。
メラニンを還元する活性酸素を抑えるなどの働きがあり
とても効果が期待できます。

リノール酸(予防)
ベニバナ油から作られた美白成分。
メラニンができる際に働く酵素チロシナーゼの量を
減らす働きがあるので注目されています。

●アルプチン(予防)
酵素チロシナーゼの働きを阻害することでシミを防ぐ
美白成分として有名。
これからできるシミにしっかり働きかけてくれます。

●カモミラET(予防)
メラニンを抑制し、ターンオーバーを改善する働きがあります。
またメラニンを含む古い角質を落としやすくする効果も。

●トラネキサム酸(予防)
肝斑の治療薬にも配合されている美白成分。
酵素チロシナーゼを分解する作用があります。

●プラセンタエキス(予防)
動物の胎盤から抽出された成分で、
アミノ酸やビタミンなどを含んでいます。
メラニン生成の抑制、代謝促進などの作用があります。

エラグ酸(予防)
ブラックベリーやイチゴなどに含まれる成分。
抗酸化作用がありチロシナーゼの働きを抑制します。

●コウジ酸
数ある美白成分の中でも、天然由来で根強い人気を誇ります。
原価も安いので低価格の美白化粧品によく使われています。

これらは美白に効果的とされる代表的な成分の一部です。

成分によっては、複数の作用を持つものもありますので
美白化粧品を選ぶ際には参考にしてください。